2010年08月31日

そこはかとなく溶けゆく

itokasi.uri-2.jpg


夏から秋へと

季節は瞬間に移ろうものでなく
マーブル模様に溶け合いながらその姿を変えていく


暑さの中、一瞬の涼を満たしてくれた「真桑瓜」
今ではほとんど見かけられなくなった夏の果実
目を閉じて食べるとメロン
懐かしくて、有難い頂きもの


過ぎれば、暑さ忘るると言いたいけれど
暑さはまだ緩みそうもない

何事にも程というものがある

度を過ぎると思考は止まる


人はその器の度を越えて、いっぱいにしないほうがいい
ほんの少しでも余裕を残していれば
思考は自由に遊びだす

欲張って満たしすぎると
溢れ出すのは、よくないことばかり


余裕とは自分のためでなく、他人のためにもつもの

少しずつ少しずつ、真っ白いところを増やして
お菓子を作ることを楽しむ日々が始まる


8月の最後の1日。
こどもたちが
ずっと食べたがっていたゼリーをたくさん作る。

そこはかとなく溶けゆく4つの味

まだまだ暑さの残りそうな気配がする9月前半に
冷たいお菓子を販売させていただこうと思っています。
またこちらのブログでお知らせしますね。



itokasi.10.20-2-t.jpg



posted by yukari at 00:00| Comment(2) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の夏は本当に暑くて、暑さの苦手な私にはかなり辛い日々・・・
ゆかりさんの冷たいお菓子が恋しいなって、思っていました。
夏バテ解消に、楽しみにしています。
Posted by かよ at 2010年09月02日 20:43
かよさん


わたしも、ただでさえ夏は苦手なのに
今年は猛烈でしたね
1日1日が修行のよう。
ちょっと涼しくなってからのほうが
味覚もきちんと戻るかな〜〜ということで
9月の販売にしてみたんだけど、まさかの暑さだわ!
かよさんにお会いできる頃には
涼しくなってるといいですね。
Posted by yukari at 2010年09月03日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。