2010年10月08日

こんな日に、雨

写真を見たり、話を聞いて
分かった気になっていたけれど

自分自身が体感しなければ
その世界は存在しないのと同じ


itokasi.-megi.jpg


先週の日曜日
najaさんのイベントで女木島へ


まるで電車に乗るかのように気軽に船に乗り
ふらりと島へ降り立つ

その日は雨で、青い空も青い海も皆無

イベント会場のBeach apartまでどしゃ降りで
靴はびちょびちょになったけれど
グレイに染まる空とともに、しっとりとした島歩き
Beach apartに到着。



いとおかしは
土・日と2日間販売させていただきました。
今回は直接販売できなかったのですが
お菓子をお買い上げくださった皆様、ありがとうござました。

お菓子の新しい可能性を掻き立てられる空間作りにも
心癒されました。
najaのスタッフの皆様、ありがとうございました。

どんな方に「いとおかし」を食べていただいたのか
想像するのも楽しいです。

najaさんのイベントは11日まで開催されているので
この3連休にぜひ、体感してください!



そのあとは、勢いあまって男木島へ。
ふらりと船に。。。(気軽に船に乗れるのがたまらないんです)

初めての男木島は、想像とまったく違う町並み
小さな路地に細い坂道
その間に何気なくアートが溶け込んでいる

そして、一番驚いたのが思っていたより若者が多く訪れていること
世代意識は大きく動いていることを感じる
島の時間の流れに引き込まれるのは
小さなことにこそ豊かさがあると感じるから


撮った写真はすべてスモーキーで、寂しいけれど
雨のときにしか見られない表情
わたしの世界になった

次はどの島を訪ねようか・・・
未知の島が誘っているかのように、帰途の船では大きな虹に出会えた

posted by yukari at 00:00| Comment(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。