2012年05月01日

【 Otayori : vol.30】ご予約受付

30-t.jpg



バターを火にかけ、溶かしていく

ふつふつと沸き立つ大きな泡をさらに煮詰めると
やがて小さく細かな気泡が
静かに静かに
次から次へと音もなく
なんともいえない香りとともにやってくる

火からはずす3秒前
ひとしずくの水滴がパチンと、その世界を変えてしまった
それは似ているようで、非なるものだった




季節ごとの気持ちをお菓子で表現しようと思って始めた
いとおかしのOtayoriも30通目

あのときの、かぼそい決心で
ここまで続けられるとは正直思っていませんでした。
拙い言葉とお菓子を受けとってくださってありがとうございました。

難しいものですね
同じところにいたいと思っていても、そうはできない
手離すときがいつかくる

すぐ近くにある食べ物のこと。世界の食べ物のこと。これからの生き方のこと。
ぜんぶぜんぶ繋がっているのだとからだが教えてくれました。
抵抗していた感情がそれに寄り添った瞬間
きちんと受けとめようと心から思えたのです。

少し時間がかかっても
この答えを、新しいかたちで表現できればと考えています。

お菓子を作り上げてくれた素材に感謝しながら
30通目のOtayoriは、時間とともに基本になっていった定番焼菓子に
少しアレンジをしてお届けします。

たくさんの人に出会えた、その記憶とともに
今までのレシピで作る、最後のOtayoriです。
itokasi.2012.5-1.jpg



詳しいご注文詳細をお読み下さい。→ 
ご注文お待ちしておりますね。

【商品お渡し日】
 5月10日(木) → 受付は終了しました。
 5月17日(木) → 受付は終了しました。
 5月24日(木) → 受付は終了しました。
※上記の翌日でもお渡しできますので、ご相談下さい。
※各日予定数になりましたら、受付は終了いたしますので
 ご了承下さい

【商品お渡し】
La・airにて  am11:00〜pm19:00 

配送も可能です。
※ 気温の上昇に伴い、配送は冷蔵便にてお届けいたします。
 そのため通常料金+160円(クール便代)の送料がかかります。
※ お届け予定日は翌日〜翌々日ですが、地域によって違う場合もございますので
 メールにてお知らせいたします。 

【お渡し場所】
 La・air(ラ・エール)→ map
 高松市南新町商店街の中にあります。

【ご注文】
下記の専用フォームにてご注文下さい
【いとおかしご注文フォーム】
 ※メール送信後、2日以内に返信がない場合は
 申し訳ございませんが、再度ご連絡をお願いします。

詳しいお菓子の内容は下記のカタログページからご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 Otayori : vol.30】

商品名   : Otayori(おたより) : vol.30
セット内容 : 6種類の焼菓子の詰め合わせ  
価 格    : 1セット¥2500(税込)
※お一人様4セットまでとさせていただきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● [ Otayori : vol.30 ]焼菓子の紹介 ●

素材は、厳選しております。
添加物もできるだけ使用しておりません。
バターはすべて高千穂発酵バター・小麦粉は北海道産・卵は新鮮な海藻卵を使用。
賞味期限はクッキー類は常温にて2週間、ケーキ・マフィンは冷蔵にて5日間です。


itokasi.2012.5-3.jpg
[ シトラスの週末:檸檬のウィークエンドケーキ ] ミニパウンド1個
きめ細かなバター生地に国産檸檬の爽やかさを閉じ込めた初夏のケーキ
アイシングのしゃりっと感が心地よい
《 原材料 》卵、小麦粉、バター、砂糖、白餡、牛乳、檸檬、塩

※パウンド生地の3つのレシピの中で
 溶かしバターを加える方法で焼き上げました。
 +白餡を入れることでレモンの酸味がまろやかで上品な味に。
 冷やした後に、常温に戻してふんわり感を楽しんで。

         



itokasi.2012.5-5.jpg
[ 拝啓しょうが様:新しょうがのフィナンシェ ] 1個
焦がしバターとアーモンド風味の香ばしい生地は焼菓子の王道
《 原材料 》卵、バター、小麦粉、砂糖、アーモンドパウダー、はちみつ、生姜、金ごま
      アルミフリーベーキングパウダー    
      
※ずっと焼き続けてきたフィナンシェ
 小さい頃はマドレーヌとの違いがわからなかったのに
 バターの香りの豊かさに気づいてからは大好きなお菓子に。
 基本のフィナンシェ生地+新しょうがで、きりりとアクセント。





itokasi.2012.5-4.jpg
[ 月はいつもまるい :いちじくのガレット・ブルトンヌ ] 1個
発酵バターたっぷりの、塩味のきいたショコラガレット
《 原材料 》小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレート、いちじく、牛乳、珈琲、塩

※基本のガレット+白いちじくのプチプチ感と全粒粉のざくざく感
 1枚で満足感を味わえる「まあるい宇宙」 
 地味だけど、このガレットが自分のお菓子の中で一番好きなのでした。
 




itokasi.2012.5-6.jpg
[ しあわせな女:ベリーのマフィン ] 2個
しっとりとした、たまご風味の生地にベリーを入れて焼き上げました。
オーブントースターで温めなおすと、ふんわりとした食感に。
《 原材料 》小麦粉、卵、バター、砂糖、牛乳、ブルーベリー、さくらんぼ        
      アルミフリーベーキングパウダー、塩

※マフィンもあれこれ焼きました。
 しあわせは小さなところにいつもあるのだと感じます。
 基本のマフィン生地+ブルーベリー+さくらんぼとホワイトチョコ
 さくらんぼってなんだか昔を思い出す魔法の味。





itokasi.2012.5-7.jpg
[ 茶の如き:ゆずとほうじ茶のサブレ ] 5個
お茶の香りに癒される、さくさくサブレ
《 原材料 》小麦粉、バター、砂糖、卵、ほうじ茶、ゆず、塩

※クッキーにもいろんなレシピがありますが
一番親しみやすくて、ど真ん中のレシピ。
基本のサブレ生地+ほうじ茶葉のほっと和む香りとゆずの甘酸っぱさ
 お茶の時間のおともに。





itokasi.2012.5-2.jpg
[ はなごこち:そば粉のクッキー ] 3枚
石臼挽きそば粉の香りが懐かしい
さっくりと軽い食感の素朴なクッキー
《 原材料 》そば粉、なたね油、砂糖、小麦粉、卵、塩、アルミフリーベーキングパウダー

※これだけ新レシピで作りました。
 子どものころから大好きだったお菓子。
 作れたはずなのに、やっとだねってかんじ。


      
posted by yukari at 00:00| Comment(2) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
こんかいがさいごのおたよりだったんですね。

PCのちょうしがわるく(かんじがでず、よみにくくてすみません)GWでりょこうしていたりで、かくにんするのがおそくなってしまいました。そろそろかなーときになっていたのに、もううけつけしゅうりょうしてますね。じこけんお(なみだ)

またおみせによらせていただきます。つぎのステージをたのしみにしていますね!
Posted by ほそかわ さつき at 2012年05月10日 11:04
ほそかわさま

コメントありがとうございます。

そうなんですね・・・
わたしも気になっていたんですよ。
PCの調子が悪いそうなのですが
さきほどメールさせていただいています。
届いていなかったら、こちらのコメント欄に
ご連絡下さい。
Posted by yukari at 2012年05月10日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。